\ ポイント最大11倍! /

無添加マヨネーズおいしい8選◎卵なし・オーガニック原料のおすすめやキューピーの添加物も解説!

記事には広告リンクをふくみます。
無添加マヨネーズ
おなやみ

なるべくカラダにやさしいマヨネーズってないかな?

そんな悩みにお答えします。

和洋中、さまざまな料理にかかせないマヨネーズ。「マヨラー」なんて言葉が生まれるくらいで、お好きな方も多いかもしれません。

しかし、マヨネーズの主原料は「」。トランス脂肪酸添加物など注意したいポイントが満載です。

そこでこの記事では、市販されているマヨネーズの定義や注意したいポイントを解説。さらに、無添加オーガニックにこだわったおすすめマヨネーズを紹介します。

また、食生活に制限がある方向けに、卵を使わない豆乳を使用したシリーズもありますので、ぜひ最後までご覧ください!

スーパーで手に取る前に、知っておきたいマヨネーズの世界。あなたにぴったりの商品が必ず見つかります!

もくじ

マヨネーズの添加物は少ない?

マヨネーズの原料は、油・酢・卵(卵黄)と味付けのためのコショウです。

卵黄によって「」と「お酢」が乳化することで、クリーミーなマヨネーズが生まれます。

しかし一部のマヨネーズには、添加物によって味付けされているものがあります。

【例】食用植物油脂、卵黄、醸造酢、食塩、調味料(アミノ酸)、香辛料、香辛料抽出物

これを見ると、添加物は少ないと感じるかもしれません。

実は、マヨネーズとして販売するには使用する原材料にルールがあり、

香辛料・調味料(アミノ酸等)・香辛料抽出物・(たんぱく加水分解物)」以外の添加物は使用できないことになっています。

つまり、その他の添加物が使われているものは「マヨネーズ」として販売ができないということです。

半固体状ドレッシングのうち、卵黄又は全卵を使用し、かつ、必須原材料、卵黄、卵白、たん白加水分解物、食塩、砂糖類、蜂蜜、香辛料、調味料(アミノ酸等)及び香辛料抽出物以外の原材料を使用していないものであつて、原材料に占める食用植物油脂の重量の割合が65%以上のものをいう。

引用:日本農林規格の改正について「ドレッシング」

おすすめ無添加マヨネーズ

キューピーマヨネーズの原材料は?

代表的なマヨネーズのひとつである、キューピーマヨネーズ

原材料は、以下の通りになっています。

原材料(キューピーマヨネーズ)

食用植物油脂(国内製造)、卵黄、醸造酢、食塩、香辛料/調味料(アミノ酸)、香辛料抽出物、(一部に卵・大豆・りんごを含む)

キューピーマヨネーズには多くの種類がありますが、無添加の商品はありません。

しかし、定番のキューピーマヨネーズを含めた以下の3つの種類は添加物が少ないので、

スーパーなどお手頃価格で購入したい方は、これらがおすすめです。

キューピー
¥945 (2024/05/17 17:28時点 | Amazon調べ)

おすすめ無添加マヨネーズ

カロリーカット・カロリーハーフは添加物が多い?

マヨ入りサラダ

カロリーハーフ」、「カロリー〇〇%カット」などのように、いかにもカラダにやさしそうなマヨネーズってありますよね。

そんな商品をよく見ると、マヨネーズではなく「半固体状ドレッシング」や「サラダクリーミードレッシング」などと書かれています。

食品表示基準では、「マヨネーズ」とは半固体状ドレッシングのなかに分類され、決められた範囲内の原材料を使用し、かつ食用植物油脂の割合が65%以上のものを指します。

半固体状ドレッシングのうち、卵黄又は全卵を使用し、かつ、必須原材料、卵黄、卵白、たんぱく加水分解物、食塩、砂糖類、蜂蜜、香辛料、調味料(アミノ酸等)、酸味料及び香辛料抽出物以外の原材料及び添加物を使用していないものであって、原材料及び添加物に占める食用植物油脂の重量の割合が六十五パーセント以上のものをいう。

引用:食品表示基準>別表第三(第二条関係)>ドレッシング及びドレッシングタイプ調味料>マヨネーズ

これに対し「半固体状ドレッシング」として販売されているものは、

ドレッシングのなかで粘度30パスカル・秒以上のものが分類され、油脂含有量添加物についての制限はありません

次に掲げるものをいう。
一 食用植物油脂(香味食用油を除く。以下この表及び別表第四のドレッシング及びドレッシングタイプ調味料の項において同じ。)及び食酢若しくはかんきつ類の果汁(以下ドレッシング及びドレッシングタイプ調味料の項において「必須原材料」という。)に食塩、砂糖類、香辛料等を加えて調製し、水中油滴型に乳化した半固体状若しくは乳化液状の調味料又は分離液状の調味料であって、主としてサラダに使用するもの
二 一にピクルスの細片等を加えたもの

引用:食品表示基準>別表第三(第二条関係)>ドレッシング及びドレッシングタイプ調味料>ドレッシング

そして「サラダクリーミードレッシング」に分類されるものは、

食用植物油脂の割合が10%以上50%未満に抑えられている代わりに、添加物の使用できる範囲は広がります。

マヨネーズサラダクリーミードレッシング
半固体状ドレッシングのうち、卵黄又は全卵を使用し、かつ、必須原材料、卵黄、卵白、たんぱく加水分解物、食塩、砂糖類、蜂蜜、香辛料、調味料(アミノ酸等)酸味料及び香辛料抽出物以外の原材料及び添加物を使用していないものであって、原材料及び添加物に占める食用植物油脂の重量の割合が六十五パーセント以上のものをいう。半固体状ドレッシングのうち、卵黄及びでん粉又は糊料を使用し、かつ、必須原材料、卵黄、卵白、でん粉(加工でん粉を含む。)たんぱく加水分解物、食塩、砂糖類、蜂蜜、香辛料、乳化剤、糊料、調味料(アミノ酸等)、酸味料、着色料及び香辛料抽出物以外の原材料及び添加物を使用していないものであって、原材料及び添加物に占める食用植物油脂の重量の割合が十パーセント以上五十パーセント未満のものをいう。
・引用:食品表示基準>別表第三(第二条関係)>ドレッシング及びドレッシングタイプ調味料

つまりマヨネーズに対し、「カロリーカット」や「カロリーハーフ」として販売されているマヨネーズ風調味料は、油脂分が少なくカロリーは抑えられているが、添加物が多く含まれている可能性があるということです。

そのためパッケージでなんとなく選ぶのではなく、しっかり原材料を確認して納得した種類を選ぶのがおすすめです。

おすすめ無添加マヨネーズ

食用植物油脂について

油

マヨネーズに必須の原料である「食用油」はできるだけ、良質なものを選びたいところです。

ドレッシングの記事でも解説した通り、「食用植物油脂(国内製造)」と書かれているものは、多くが外国産の油を輸入しています。

このような「食用油」は、トランス脂肪酸だけではなく、遺伝子組み換え原料化学物質による抽出など製造方法も気になる点が多いです。

マヨネーズは原料の半分以上が「」。そのため、なるべく詳細が明確な油を使用したものがおすすめです。

おすすめ無添加マヨネーズ

好きな油で「手作りマヨネーズ」

手作りマヨネーズ

添加物植物油が気になるなら、お家で「手作り」するのもおすすめです。

卵・酢・お好きな油」を混ぜるだけなのでとってもかんたん。

泡立て器でもつくることができますが、ハンドブレンダーなどの調理家電があればあっという間に完成します。

卵の代わりに豆乳を使ったり、塩分を控えめにするなど自分好みでカスタマイズも可能。

こだわりの調味料や、マスタードレモンを入れたりと様々なアレンジを楽しむことができます。

無添加マヨネーズおすすめ8選!

マヨネーズ

無添加・低添加のおすすめマヨネーズを紹介します。

国産原料やオーガニック、平飼いたまごを使用したこだわりの種類や、

食生活に制限のある方向けの卵不使用の豆乳マヨ、ギフトにもおすすめの高級マヨネーズまで。

お買い物の参考にもぜひ、ご覧ください。

食ここちゃん

詳しく解説していきます♪

【サン・ファーム】ひなたまこっこ生命(いのち)のマヨネーズ

ひなたまこっこ生命(いのち)のマヨネーズ』は、たまご屋さんこだわりのプレミアムマヨネーズ。

熊本県阿蘇地方の伏流水と、こだわりの肥料で大切に育てられたから生まれた、新鮮な卵を使用。

国産のなたね油と、爽やかなぶどう酢が合わさった、コクと旨みがたっぷりのマヨネーズです。

原材料

食用なたね油(国内製造・遺伝子組み換えでない)、卵黄(卵を含む)、ぶどう酢、砂糖、食塩、白こしょう、マスタード

食ここちゃん

朝採れの新鮮卵のみを使用しています。

ひなたまこっこ
¥1,585 (2024/05/20 00:46時点 | Amazon調べ)

▲一覧に戻る

【ななくさの郷】松田のマヨネーズ

ななくさの郷の『松田のマヨネーズ』は、平飼い卵を使用したスパイス入りのマヨネーズです。

米澤製油の圧搾一番搾りなたね油と、オーガニックのりんご酢、伊豆大島うまれのお塩・海の精を使用。

ピリッとくる辛口と、マイルドな甘口2種類からお選びいただけます。

原材料

食用なたね油(遺伝子組換えでない)、卵、りんご酢、食塩、蜂蜜、マスタード、ニンニク、コショウ、ショウガ

食ここちゃん

マスタードの量の違いで味がわかれています。

▲一覧に戻る

【ドゥルイ】オーガニックマヨネーズ

フランスの老舗メーカー・ドゥルイの『オーガニックマヨネーズ』は、EUオーガニック認証取得の無添加マヨネーズです。

フランス国内で放し飼いにされ、オーガニックの餌のみで育てられたが産んだ卵と、こだわりの有機原料のみを使用。

卵黄のコクとマスタードやリンゴ酢の酸味が美味しい、自然派マヨネーズです。

原材料

食用ひまわり油(有機食用ひまわり油)、卵黄(有機卵黄)、ディジョンマスタード[有機ディジョンマスタード(からし種、醸造酢、塩)]、リンゴ酢(有機リンゴ酢)、塩、レモン(有機レモン)

食ここちゃん

マスタードのきいた『ディジョネーズ』もおすすめ!

▲一覧に戻る

【ムソー】平飼い鶏の有精卵マヨネーズ

ムソーの『平飼い鶏の有精卵マヨネーズ』は、平飼い鶏の有精卵を使用したマヨネーズ。

圧搾一番搾りのなたね油に、有機りんご酢や瀬戸内レモンの果実酢をブレンドしています。

大さじ1杯(15g)あたりのトランス脂肪酸の目安が0.1gと少なめなのも特徴。サラダや揚げ物など、さっぱり食べたい料理にぴったりです。

原材料

なたね油(国内製造)、卵、りんご酢、果実酢、砂糖、食塩、香辛料

食ここちゃん

ピクルス入りの『タルタルソース』もおすすめ!

▲一覧に戻る

【キヨトク】卵も小麦も使わずに国産大豆と米油で作った豆乳マヨ

キヨトクの『卵も小麦も使わずに国産大豆と米油で作った豆乳マヨ』は、九州産ふくゆたか大豆を使用した豆乳ベースのマヨ風ソース。

豆乳米油りんご酢味噌などをバランスよく配合し、卵を使っていないのにマヨネーズのような風味とコクが楽しめます。

15gあたりのトランス脂肪酸0.1gで、コレステロールゼロ。卵を食べられない方だけでなく、食生活を改善したい方にもおすすめです。

原材料

食用こめ油(国内製造)、豆乳、りんご酢、砂糖、澱粉、味噌、食塩、香辛料、レモン果汁、(一部に大豆・りんごを含む)

食ここちゃん

卵・小麦不使用のグルテンフリーです。

▲一覧に戻る

【オーサワジャパン】オーサワの豆乳マヨ

オーサワの豆乳マヨ』は、国産大豆の豆乳を使用した、卵不使用のマヨネーズ風調味料です。

圧搾法のなたね油にほどよい酸味のりんご酢、さらに有機白みそをプラスしたコクのあるソースは、

マヨネーズドレッシングのかわりとして、様々な料理にお使いいただけます。

原材料

なたね油、豆乳[大豆(国産)]、りんご酢、有機白味噌、食塩(海の精)、メープルシュガー、マスタード(カナダ他)、こしょう(インドネシア)

食ここちゃん

お得な業務用も!

オーサワジャパン
¥1,848 (2024/05/20 16:06時点 | Amazon調べ)
オーサワジャパン
¥1,426 (2023/12/21 15:49時点 | Amazon調べ)

▲一覧に戻る

【奥出雲前綿屋】天佑卵てんゆうらんマヨネーズ

奥出雲前綿屋の『天佑卵マヨネーズ』は、島根県の平飼い八雲鶏から産まれた「彩り天佑卵」を使用した、無添加マヨネーズです。

卵は、しっかりコクのある「卵黄」のみを使用。りんご酢の酸味と蜂蜜のやさしい甘みがマッチした、カスタードクリームのような滑らかな口当たりです。

そのまま野菜をディップして、贅沢な美味しさを味わってください。

原材料

食用米油、卵黄(卵を含む)、りんご酢、蜂蜜、食塩、からし

食ここちゃん

ギフトにもおすすめです♪

▲一覧に戻る

【食べチョク】国産・無添加マヨネーズ

食べチョクとは、国内の生産者さんと直接やり取りのできる産地直送オンラインサイト

添加物不使用はもちろん、国内の農場でつくられた平飼いたまごを使用した種類など、

原料ひとつひとつにこだわったマヨネーズが多数、出品されています。

時期によって限られた数量での販売になることもありますが、生産者さんの応援にもなりおすすめです。

\食べチョク公式サイト /

▲一覧に戻る

まとめ:無添加で美味しいマヨネーズ

マヨネーズを使った料理

市販のマヨネーズの注意点と、無添加のおすすめを紹介しました。

マヨネーズの原料は、「油・酢・卵(卵黄)」と味付けの調味料のみ。

しかし一部の種類は、添加物で味付けされていたり、輸入された食用油が使われていることもあり、安全性には疑問があります。

また「カロリー◯%カット」などのヘルシーそうなマヨネーズ風調味料は、使われている油が少ないかわりに多くの添加物が使われる傾向にあります。

選ぶなら原料一つ一つにこだわった、無添加マヨネーズがおすすめ。

お家でかんたんに手作りすることもできるので、ぜひチャレンジしてみてください!

▲一覧に戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ