\ ポイント最大11倍! /

本物のマヌカハニーの選ぶには?美味しく食べ続けられるおすすめ5選!mgoやumfの違いも解説

記事には広告リンクをふくみます。
マヌカハニー
おなやみ

マヌカハニーってどう選べばいいの?

そんな疑問にお答えします。

ニュージーランド原産の蜂蜜である「マヌカハニー」。その健康や美容への効果から、日本をはじめ世界中で注目が集まっています。

最近では、スーパーでも気軽に購入できるようになりましたが、「種類が多くてどれがいいのか分からない」、「ランク数値の見方が難しい」などとお悩みの方も多いはず。

またマヌカハニーには独特のクセがあり「まずい!」「食べにくい!」という声もしばしば……。

しかし、私自身これまで様々な種類を食べ続けてきて、マヌカハニーはなくてはならない存在となっています。

そこでこの記事では、市販されているマヌカハニーの選び方や注意点、おすすめのマヌカハニーを紹介します。

ご質問の多いマヌカハニーのMGOUMFの違いや、数値ランクについても詳しく解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事を読めば、今後マヌカハニー選びで迷うことなく、最適な一品と出会えるはず。自宅で手軽にニュージーランドの恵みを楽しむための一助となれば幸いです。

マヌカハニーは何歳から食べられるか?という疑問は記事の最後を、マヌカハニー以外のはちみつについては以下の記事をご覧ください。

もくじ

マヌカハニーと普通のハチミツの違い

マヌカハニーとマヌカの花

マヌカハニーとは、ニュージーランド原産のハチミツのことで、「マヌカ」とはニュージーランドの先住民であるマオリ族の言葉に由来しています。

「マヌカ」とは、マオリ語で「復活の木」もしくは「癒しの木」という意味です。

引用:マヌカハニーとは

ニュージーランドは日本と似たような四季があり、マヌカの花は一年のうち数週間しか咲かないため、とても貴重なハチミツと言われています。

食ここちゃん

一般的な蜂蜜と同じく常温保存が可能です。

マヌカハニーと一般的な「蜂蜜」との違いは、MGOメチオグリオキサール)という活性成分が多く含まれていることや、シリング酸メチルという抗酸化物質を多く含んでいるところ。

普通のハチミツはこれが含まれていないか、含まれていても少量です。

ニュージーランドのワイカト大学のモーラン博士がマヌカ蜂蜜には高い抗菌活性があることを見出し,またドイツのヘンレ博士はその抗菌活性成分がメチルグリオキサール(図 2)であることを示した。

引用:マヌカ蜂蜜の現状について ─特徴,成分,認証─

マヌカハニーには、MGOによる強力な抗菌作用に加え、レンゲやアカシアなどの他のハチミツに比べて活性酸素を除去する抗酸化作用も強力であることが知られています。これは、マヌカハニーに特異な成分であるシリング酸メチルの働きによるものです。

引用:マヌカハニーとは

おすすめの食べ方

アイスにマヌカハニーをかけた食べ方

色が濃く、濃厚な味わいが特徴のマヌカハニーですが、

その効果を最大限発揮したいなら、ティースプーン1杯程度をそのまま食べるのがおすすめです。

味が苦手などで食べにくいようでしたら、ヨーグルトアイスパンナッツなどにかけたり、

手作りドレッシングソースに活用するのも◎少量でもしっかりとした甘みをプラスすることができます。

マヌカハニーの活性成分は、比較的熱に強いので料理に使っても問題はありませんが、

含まれる酵素やその他の栄養成分は熱によって失われてしまう可能性がありますので、高温調理は理解した上で行いましょう。

温度別に10分間加熱した試験では,90℃まではMGOの減少が認められなかったものの,120℃および150℃では顕著な減少が認められた。

引用:調理加工への応用を目指したマヌカハニー特有成分の熱安定性に関する検討

正しいマヌカハニーの選び方

養蜂家

ニュージーランド産のマヌカハニーは、審査が厳しく偽物は出回りにくいです。

しかしメーカーによってMGOUMFなどの等級や数値の違いがあるため、初心者では比較が難しいといった側面もあります。

そこで信頼できるメーカーや、より自分にあったマヌカハニーを見分ける上で、知っておきたいポイントを3つお伝えします。

バッチ番号がついているか?

マヌカハニーのバッチ番号

ニュージーランド産のマヌカハニーは、政府の科学的な検査をクリアしたもののみが販売を許可され、養蜂家はマヌカハニーの詳細な記録を登録する必要があります。

ラベルには必ず「バッチ番号」が記載されていて、

消費者はこのバッチ番号QRコードを調べることで、購入したマヌカハニーの産地や検査数値などの詳細な情報を知ることができます。

2017年12月、一次産業省(MPI)は、特定の蜂蜜がニュージーランドのマヌカハニーであるかどうかを認証するために使用できる強力な科学的定義を完成させました。

引用:Mānuka honey testing

モノフローラルかマルチフローラルか?

モノフローラルマヌカハニーの証明

同じマヌカハニーとして販売されているものでも、実は「モノフローラル」と「マルチフローラル」に分けられます。

モノフローラルは、マヌカ単一の花から採れたマヌカハニー。マルチフローラルは、マヌカと他の花の蜜が混ざっているマヌカハニーのことです。

どちらも一定の成分が含まれていれば「マヌカハニー」として販売が許されていて、これらはニュージーランド政府の科学検査によって分けられます。

日本ではモノフローラルか、マルチフローラルかよりもMGO値(活性成分)の含有量を気にする人が多いためあまり注目されていませんが、実際にはほとんどがマルチフローラルです。

しかし食べやすく続けやすい種類をお探しなら、「モノフローラル」の方が、えぐみが少なく美味しいものが多いのでおすすめです。

数値はどう見る?umfやmgoの違い

マヌカハニーの数値

マヌカハニーは、それぞれのメーカーが採用している等級によって数値化されグレードが分かれています。

とくにメジャーなのが「MGO」と「UMF」。さらに「MGS」や「Kファクター」といった種類もあります。

それぞれどんな特徴があるのか解説していきます。

等級意味
MG・MGO(メチオグリオキサール)1kg中に何mgのMGが入っているかを表す。例:100mg含まれている→「MG100
UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)フェノール液(消毒液)の濃度と比較した抗菌力を表す。例:フェノール液5%に相当する→UMF5+。
MGS(モラン・ゴールド・スタンダード)マヌカハニーの持つ健康活性力をフェノール液と比べた数値。Oha Honey社のみが採用。
Kファクター (ケーファクター)ヴェダースプーン社の独自規格。

※MG=メチオグリオキサール(活性成分)

MG・MGO(メチオグリオキサール)

マヌカハニー

マヌカハニー特有の活性成分(メチルグリオキサール)の量がわかりやすく記載されているのがMG(MGO)です。

これは「1kg中に何mgのメチルグリオキサールが入っているか」を表していて、

数値が高ければ高いほど、MGの含有量が多く活性力が高いマヌカハニーという意味になります。

食ここちゃん

100mg含まれている場合は「MG100」となる。

普段づかいに適しているのはMG100前後と言われていて、

手軽にマヌカハニーを取り入れたい方や、初めての方は低い数値から試してみるのがおすすめです。

食ここちゃん

数値が増えるほど値段も上がります。

UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)

UMF規格のマヌカハニー

UMFはニュージーランドのマヌカハニー協会の独自規格です。

UMFは4つの品質評価テスト(効力・信頼性・鮮度・純度)を設けていて、認定されたブランドのみ使用が許されます。

UMFマヌカハニーにはMGO値も併記されるので含有量がわかるようになっていたり、HMF値が決まっていたりと鮮度にも基準があるところが特徴です。

多くのブランドが採用している信頼性が高い等級といえますが、あえて認証を受けずにコストを下げて安く提供するといったメーカーも存在します。

食ここちゃん

UMF5+は、MGO83に相当します。

日常的に取り入れたい方や初心者の方にはUMF5あたりがおすすめ。

食べる頻度が少ない方や、効果をしっかり感じたい方には、UMF10以上を検討してみてください。

HMF値(ヒドロキシメチルフルフラール)とは?

マヌカハニーのHMF値

マヌカハニーに含まれるMGOは、数値が高いほど値段も上がりますが、

これは一定期間、貯蔵したり加熱したりすると増加させることができます。

この異常な加熱処理や長期保存は、HMF値(ヒドロキシメチルフルフラール)によって見破ることができます。

UMF等級では、HML値40mg/kg以下と定められており、異常な数値のものを認めていません。

蜂蜜の加熱はヒドロキシメチルフルフラール(HMF)量を確実に増加させるため、HMF量の検査により異常な加熱処理や長期保存を見破ることができる。

引用:マヌカハニーの成分検査による認証・グレーディングについて

ヒドロキシメチルフルフラールは、糖や炭水化物の熱分解により生成される、分子式C6H6O3の有機化合物である[1]。HMFと略記される。HMFは牛乳やフルーツジュース、蒸留酒や蜂蜜などの食品を加熱すると微量ながら生成することが知られている。またたばこにも含まれていることが近年の研究から明らかとなった。

引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』>ヒドロキシメチルフルフラール

・参考:マヌカハニー製品のMGO・HMF含量分析調査の実施

MGS(モラン・ゴールド・スタンダード)

マヌカハニー研究の第一人者・ピーターモラン博士が生み出した等級が、MGSモラン・ゴールド・スタンダード)です。

1981 年に、モランはマヌカハニーの防腐特性を調査し始めました。[3]彼の研究により、マヌカハニーには顕著な非過酸化物抗菌活性があることが判明しました。

引用:Peter Molan

MGSはUMFの基準も取り入れつつ、確実に表示数値以上のマヌカハニーを保証するために、

表示よりも実際の数値が高いものであるといった、さらに厳しい基準を取り入れています。

現在MGSを採用しているのは、ニュージーランドの大手マヌカハニー企業・オハハニーの1社のみで、日本で手に入る種類は限られています。

●「ナイタフ」の一部門で、NZで4本の指に入る
大手マヌカハニー企業 OHA Honey
●2018年にワトソン&サン社から経営権を受け継ぎ、
マヌカハニーの数値基準 MGS のライセンスを保有

引用:マヌカハニー比較表
食ここちゃん

MGS 5MGO100相当。UMF5+MGO83のため同じ数字でもMGSの方が高い。

MGSもUMF同様、MGO値がラベルに表示されています。

・参考:MOLAN GOLD STANDARD/ THE MGS grading system.(MGS等級についての詳細)

おすすめ美味しいマヌカハニー5選!

マヌカハニー

信頼できるブランドのなかから、本当におすすめできるマヌカハニーを紹介します。

どれも実際に食べてチョイスした美味しい種類ですので、お買い物の参考になれば幸いです。

商品名種類

ハニーマザー(UMF)
マヌカ蜂蜜
個包装スティック
ロゼンジ(のど飴)

ハニーバレー(UMF)
マヌカ蜂蜜

マリリニュージーランド(MGS・MGO)
マヌカ蜂蜜

ヴェダースプーン(Kファクター)
マヌカ蜂蜜
ドロップ
食ここちゃん

それぞれ解説していきます♪

【UMF】ハニーマザー

UMF規格のマヌカハニー

1998年、マヌカハニーの専門店として創業したハニーマザー。こだわりのマヌカハニーは、マヌカの花蜜だけを集めた貴重なモノフローラルのみが使われています。

生キャラメルのようなもっちりで食べやすく、マヌカ独特のクセが苦手な方にもおすすめ。

ハニーマザーのマヌカハニー

農薬や化学物質の影響を受けない養蜂環境ですが、ニュージーランドを出国する際には、改めて残留農薬検査が行われ、購入すると残留農薬不検出証明書がついてきます。

ハニーマザーのマヌカハニーと残留農薬不検出証明所

プラスチックゴミを出さないガラス瓶を採用していて、人体にも環境にもやさしい配慮も◎

マヌカ蜂蜜は、MGO値によって6種類のグレードが分かれていて、それぞれ250g500g のサイズがでています。

持ち運びにも便利なロゼンジ(のど飴個包装スティック、プレゼントに人気のギフトセットもおすすめです。

食ここちゃん

普通の蜂蜜感覚で食べられるところがお気に入り♪

HONEY MOTHER
¥5,270 (2024/05/15 01:13時点 | Amazon調べ)
HONEY MOTHER
¥10,800 (2024/05/15 01:13時点 | Amazon調べ)
マヌカハニーのハニーマザー
¥2,300 (2024/02/06 10:33時点 | 楽天市場調べ)

一覧にもどる

【UMF】ハニーバレー

ハニーバレーのプレミアムマヌカハニーは、甘みが強く、濃厚な味わいが特徴のマヌカハニーです。

もちろん農薬・抗生物質不使用。巣箱のなかで水分が21%以下になるまで完熟させたものを収穫しています。

グレードはUMF等級が採用されていて、数値は以下の4つに分類されています。

初心者の方など、気軽に始めてみたい方はUMF10+以下のものがおすすめです。

食ここちゃん

パンやナッツなどにも◎しっかりとした甘さを感じたい方におすすめ!

ハニーバレーは甘い
100% Pure New Zealand Honey
¥4,380 (2024/05/15 01:13時点 | Amazon調べ)
100% Pure New Zealand Honey
¥7,350 (2024/05/20 17:48時点 | Amazon調べ)

一覧にもどる

【MGS・MGO】マリリニュージーランド

マリリジュージーランドのマヌカハニー

日本初のマヌカハニー専門店・マリリニュージーランドでは、産地の異なる数種類のマヌカハニーを扱っています。

なかでもMGS等級を採用しているマヌカゴールドと、フルーティな甘みが魅力のラウヒ2種類が人気です。

【MGS】マヌカゴールド

マヌカゴールド

マヌカゴールドは、MGS等級を採用している数少ないマヌカハニーのひとつで、

ニュージーランドの大手マヌカハニー企業・オハハニー社が、抽出からボトル詰めまでを管理しています。

コクのある甘さと、トロッと滑らかな舌触りが特徴で、そのままでもパンやヨーグルトなどに混ぜても美味しくお召し上がりいただけます。

食ここちゃん

250g〜1kgの大きめサイズもでていて、長く続けたい方や料理に使いたい方にもおすすめです♪

マリリニュージーランド
¥6,400 (2024/02/06 18:12時点 | Amazon調べ)
マリリニュージーランド
¥8,600 (2024/05/19 17:39時点 | Amazon調べ)

一覧にもどる

【MGO】ラウヒマヌカハニー

マリリのラウヒマヌカハニー

マオリ語で「コラボレーション」を意味するラウヒは、99%マオリ族のファミリー企業・カイオラ社が生産するマヌカハニーです。

ニュージーランド最北端、海に近いマヌカの森から採蜜されたマヌカハニーは、甘み酸味のバランスに優れ、

とくにMG80はモノフローラルマヌカハニーなので、マヌカ独特の風味が苦手という方にもおすすめです。

食ここちゃん

テクスチャーがしっかりしていて、少し固めのものが多い◎

マリリニュージーランド
¥3,100 (2024/05/07 20:30時点 | Amazon調べ)
マリリニュージーランド
¥6,900 (2024/02/06 21:11時点 | Amazon調べ)

一覧にもどる

【Kファクター】Wedderspoonヴェダースプーン

ヴェダースプーンのマヌカハニー

ヴェダースプーンは、マヌカハニー特有の活性成分・メチオグリオキサール(MGO)の数値に焦点を当てない、

Kファクターという独自の評価基準を取り入れていて、以下5つの要素で構成されています。

  • 追跡可能である
  • 生であり、低温殺菌されていない
  • 遺伝子組み換えではない
  • 抗生物質・グリホサート・農薬を含まない
  • ニュージーランドで調達&梱包をする

Kファクターは、MGOの数値で分けるのではなく、モノフローラル(赤いボトル)とマルチフローラル(青いボトル)で分けられています。

※2つの違いの解説↑

マヌカハニーは、MGO値が低くても十分に効果が期待できます。世界的には、数値よりも品質にこだわった種類が人気です。

食ここちゃん

赤いボトルのモノフローラルがおすすめ。クセがなくとっても食べやすいです。

マヌカ蜂蜜は、どちらも250g500gサイズ。通販サイト iHerb(アイハーブ)では、マヌカハニー入りのドロップ、使いやすいボトルタイプなどの様々な種類が販売されています。

一覧にもどる

まとめ:本物の美味しいマヌカハニーを選ぶには?

日本の無添加蜂蜜

マヌカハニーの選び方や、信頼できるおすすめブランドを紹介しました。

一般的に蜂蜜は偽物が多いと言われていますが、ニュージーランド産のマヌカハニーであれば、混ぜ物や添加物などの心配はほぼありません。

しかし、念の為ラベルにバッチ番号がついているかをチェック。

本物のマヌカハニーには、必ずトレーサビリティ(追跡可能性)が確保されていて、

産地の情報や数値の検査結果などの詳しい情報を、消費者が調べられるようになっています。

選ぶときは、マヌカハニーのMGO値(活性成分)の含有量の他にも、モノフローラルマルチフローラルかを注目してみるのもおすすめ。

マヌカの花100%の「モノフローラルマヌカハニー」は、独特のクセが少なく食べやすいので、長く食べ続けたいという方におすすめです。

おすすめのマヌカハニー

余談:赤ちゃんはNG!何歳から食べられる?

赤ちゃん

赤ちゃんがハチミツを食べると乳児ボツリヌス症にかかるおそれがあるため、マヌカハニーに限らず蜂蜜1歳未満の乳幼児には与えてはいけません。

詳しくは、厚生労働省のハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから。からご覧いただけますが、ハチミツだけでなく、ハチミツ入りの飲み物・お菓子も合わせて注意が必要です。

最初にもどる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ