\ ポイント最大9倍! /

無添加チョコレート10選◎白砂糖・乳化剤・植物油脂不使用のおすすめを紹介!

記事には広告リンクをふくみます。
チョコレート
おなやみ

安心できるチョコレートってどう選べばいいの?

そんな疑問にお答えします。

世界中で愛されるスイーツのひとつであり、日本でも大人気の「チョコレート」。

バレンタインホワイトデーなどのギフトシーズンには、百貨店スーパーコンビニにまで多くの種類が並びます。

しかし市販チョコレートのなかには、乳化剤などの添加物や、白砂糖植物油脂など気になる原材料がたっぷり使われているものも多いです。

また生産者の顔がわかるレーサビリティの確保や、生産環境の改善を目指す「フェアトレード」も、チョコレート選びにおいて重要なキーワード。

そこでこの記事では、チョコレートが抱える問題点と、おすすめの無添加チョコレートを紹介します。

これを理解すれば、人と環境に配慮した美味しいチョコレートを選ぶコツやその種類がわかります。

もくじ

チョコレートの製造工程と注意点

チョコレートは、カカオの実を収穫してなかを割り、「カカオ豆」を取り出す作業からはじまります。

取り出された「カカオ豆」は現地で“発酵→乾燥”させ、乾燥が終わった豆は日本など世界の国々へ輸出されていきます。

カカオの実のなか

このカカオ豆がさらに「チョコレート」になるには、以下のような工程をたどります。

  1. カカオ豆をロースト(焙煎)する
  2. 外皮や胚芽を取り除き砕く→カカオニブ
  3. すりつぶしてしてペースト状にする(油分が出てくる)→これを固めたものがカカオマス
  4. 砂糖粉乳などで味付け
  5. 温度調整や冷却などを行い、固める

カカオニブやカカオマスは、製菓材料やスーパーフードとして販売されることはありますが、そのままでは苦味が強く、食べにくいです。

そこで「ダークチョコレート」には砂糖などの甘味料が、「ミルクチョコレート」には脱脂粉乳などの乳製品が加えられ、美味しいチョコレートに仕上がります。

しかし市販の安いチョコレートのなかには、これ以外にも乳化剤などの添加物や、植物油脂などの注意すべき原材料が加えられているものがあります。

おすすめ無添加チョコレート

食品添加物(乳化剤・香料など)

添加物に気をつけたいチョコレート菓子

チョコレートによく使われる添加物が「乳化剤」。なかでも大豆由来のレシチンという成分がよく利用されます。

この添加物は、マーガリンアイスクリームなど多くの加工食品に利用され、水と油など本来は混ざらないものをすばやく均一に乳化させる作用があります。

しかし、これは原料の大豆遺伝子組み換えの可能性が高いという指摘があり過剰摂取はさけたいところ。

液体のレシチン

また市販のチョコレート菓子にはそれ以外にも、一括表示が可能な香料、カラフルな子供向けのチョコによくみられる着色料

ツヤを出すための光沢材など多くの添加物が使われることがあり、注意が必要です。

おすすめ無添加チョコレート

植物油脂

食用油・植物油脂

チョコレート製品のなかには、高価なカカオバターの代用として「植物油脂」が使われるものがあります。

植物油脂は、口どけをなめらかにする役割もあるため、好ましい食感にするために一定の役割を果たしているのは事実です。

しかし「植物油脂」とだけ表記されてなんの油か分からないものは、海外からの輸入油である可能性が高く、

トランス脂肪酸が多く含まれていたり、遺伝子組換え作物から抽出されたオイルであることが少なくありません。

おすすめ無添加チョコレート

「カカオニブ」・「カカオマス」とは?

カカオニブ

無糖無添加のチョコレートをお探しなら、「カカオニブ」や「カカオマス」という選択肢もあります。

これらはチョコレートの製造過程でできるもので、近年ではスーパーフードとしても注目が集まっています。

カカオニブ」は、カカオ豆を砕いたフレーク状のもので、甘みがなく苦味が強いため、

シリアルヨーグルトのトッピング、お菓子づくりで食感や風味をプラスするために使うのもおすすめです。

製菓材料業務用としても販売されている「カカオマス」は、カカオニブをすり潰しペースト状にしたのを冷却し固めたもの。

つまりカカオ100%のダークチョコレートと中身は同じですが、業務用など大きめサイズで販売されていたり、小さい粒状として売られていることが多く、

お菓子作りの材料としてはもちろん、安全なチョコレートが食べたいけどコスパが気になる方にもおすすめです。

大東カカオ
¥2,995 (2024/04/16 23:35時点 | Amazon調べ)

おすすめ無添加チョコレート

フェアトレード(公正な取引)とは?

カカオのフェアトレードについて

チョコレートの原料であるカカオの実は、収穫したあと中を割ってを取り出します。

これを「発酵→乾燥」させたものが、カカオ豆として日本など世界中へ輸出されますが、

実は一部のカカオ農家の労働条件は劣悪なもので、児童労働や低賃金の問題をかかえています。

こういった問題の改善に取り組んでいるのが、フェアトレードジャパンや、世界フェアトレード機関(WFTO)などの動きです。

公正な貿易条件の下で生産されたカカオを使用したチョコレートには「認証マーク」が付与されていて、

私たちは品質だけでなく、倫理的な観点からも製品を選択することができます。

フェアトレード認証マーク

しかし、フェアトレード認証を得るためにはコスト時間がかかり、小規模な農家にとっては負担になることがあります。

そこで、あえて認証を受けずに営業している農園も多く存在します。

そのためフェアトレード認証は選択するひとつの基準として、認証マークがなくても農家さんの顔や流通経路がわかる商品を選ぶのがおすすめです。

本来チョコレートは、時間手間のかかる高級品。低価格で購入できるチョコレートは、安く仕入れたカカオ豆が使われているかもしれません。

おすすめ無添加チョコレート

無添加チョコレートおすすめ10選!

チョコレート食べる

原材料に余計な添加物が使われていない、おすすめの無添加・低添加チョコレートを紹介します。

これらはすべてオーガニック原料を使用。植物油脂白砂糖は使われていない、環境や人のカラダに配慮したこだわりのメーカーを厳選しています。

商品名特徴

【ピープルツリー】板チョコレート
有機原料使用・ギフトにおすすめ

【ダーデン】スティック・板チョコレート
有機原料使用・AFDIAG(グルテン不耐症協会認証)・ヴィーガン認証

ViVANIヴィヴァーニ】板チョコレート
有機原料使用・ギフトにおすすめ
チョコレート
VANVLiETヴァンヴリット】クーベルチュールチョコレート
有機原料使用・製菓材料にも使える

【第3世界ショップ】フェアトレードチョコレート
有機原料使用・ギフトにおすすめ

【レインフォレストハーブ】チョコレートチップ・板チョコレート
有機原料使用・大容量

【レインフォレストハーブ】ローカカオニブ・カカオニブココナッツガー味
有機原料使用・大容量

【チョコレートソール】板チョコレート
有機原料使用・グルテンフリー

GEPAゲパ】オーガニックチョコレート
有機原料使用・ギフトにおすすめ

【シェフズチョイス】オーガニックローカカオニブ
有機原料使用・動物性原料不使用・グルテンフリー

※フェアトレード認証についてはこちら↑

食ここちゃん

詳しく解説していきます♪

People Treeピープルツリー】板チョコレート

パッケージも可愛い『ピープルツリー』は、フェアトレード(WFTO)&オーガニック認証の板チョコシリーズ。

すべてに有機原料を使用し、黒糖粗糖ココアバターによって、まろやかな甘みが生まれます。

乳化剤・着色料・保存料は不使用。一部フレーバーには天然香料が使われています。

使用されている油脂はココアバター100%のためデリケート。ほとんどが秋冬限定での販売です。

原材料(ヘーゼルナッツ)

黒糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス、粉状ヘーゼルナッツ

食ここちゃん

ギフトにとっても人気♪

▲一覧に戻る

【ダーデン】スティック・板チョコレート

フランスの老舗ブランド・ダーデン社では、オーガニック100%の原料にこだわったチョコレートを販売しています。

フェアトレード・オーガニック・グルテンフリーの認証を取得し、人や環境にも配慮。

定番人気の『板チョコ』シリーズは、有機アガベシュガーを使用したダークチョコレートや、ミルクホワイトストロベリーなどバリエーションも豊富です。

さらに携帯にも便利なスティック型の『チョコっと』シリーズは、ミントアーモンドミルク味などの多彩な魅力のチョコレートです。

原材料(ダーク70%)

有機カカオマス、有機アガベパウダー、有機カカオバター、有機バニラパウダー

食ここちゃん

上品な甘みの有機アガベシュガーを使用!

▲一覧に戻る

ViVANIヴィヴァーニ】板チョコレート

ドイツの人気メーカーViVANIでは、オーガニック原料を使用したチョコレートを販売しています。

カリカリのカカオニブが入った『カカオ100%チョコレート』や、砂糖の代わりにココナッツシュガーを使用した『ダークチョコレート』、『塩チョコ』シリーズなど、

多彩なフレーバーと個性的なデザインのパッケージは、ギフトにもおすすめです。

※VIVANIの原料やフェアトレードに関する取り組みはこちら

原材料(エキストラダークチョコレート100%)

有機カカオマス(ドミニカ共和国・ペルー産)、有機カカオバター・カカオニブ(ドミニカ共和国・ペルー・タンザニア・スペイン・オランダ産)

食ここちゃん

包装には再生可能な天然フィルムが使用されています♪

ベジタブルハート
¥3,094 (2024/04/20 14:46時点 | Amazon調べ)

※ViVANIチョコレートは、全国の成城石井でも購入可能です。

▲一覧に戻る

VANVLiETヴァンヴリット】クーベルチュール・チョコレート

¥4,900 (2024/01/17 09:04時点 | Amazon調べ)

VANVLiETの『クーベルチュールチョコレート』は、スイス産の有機原料を使用した、無添加チョコレートです。

クーベルチュールとは、フランス語で「カバー(覆い)」という意味で、一般的にケーキや製菓用の仕上げなどに使われるカカオバターの含有量の高いチョコレートです。

お菓子作りの材料にはもちろん、そのままおやつとしても美味しくお召し上がりいただけます。

VANVLiETのフェアトレードに関する取り組みはこちら

原材料(ダーククーベルチュール)

有機カカオマス・有機粗糖・有機カカオバター・有機カカオパウダー・有機バニラパウダー

食ここちゃん

ダーク(74%)・ビター(88%)・ミルク・ホワイト・ヴィーガンミルク5種類

▲一覧に戻る

【第3世界ショップ】フェアトレードチョコレート

第3世界ショップの『フェアトレードチョコレート』は、オーガニック原料を使用した、添加物・植物油脂・白砂糖不使用板チョコレート

ココアバターの含有量が高く、口溶けのなめらかなチョコレートです。

ビターチョコ」や「ミルクチョコ」などの人気の定番商品から、「へーゼルナッツ」や「オレンジ」の入った食感も楽しめるシリーズなど多彩なバリエーションが揃っています。

さらにドライフルーツナッツなどをコーティングした『パンワークチョコレート』も、

フェアトレードや有機原料を使用した、おやつに最適なチョコレート菓子です。

原材料(ビターチョコレート)

有機カカオマス、有機粗糖、有機ココアバター、有機黒糖、有機バニラ、(一部に乳成分を含む )

食ここちゃん

季節限定パッケージはギフトにもおすすめ◎

第3世界ショップ
¥990 (2023/11/15 13:13時点 | Amazon調べ)
第3世界ショップ
¥718 (2024/04/17 21:13時点 | Amazon調べ)

▲一覧に戻る

【レインフォレストハーブ】チョコレートチップ・板チョコレート

レインフォレストハーブでは、有機カカオを使用した様々なタイプのチョコレートを販売しています。

小粒サイズのチョコレートチップは、『ダークチョコレートチップ・カカオ100%』と、

ココナッツシュガーココアバターを配合した『ダークチョコレートチップ・カカオ70%』の2種類

アガベシュガーを使用したカカオ70%の『板チョコレート』は、1袋に3枚(300g)入ったお得パックです。

原材料(ダーク100%チョコチップ)

有機カカオマス

食ここちゃん

おやつにも、製菓材料としてもおすすめです。

レインフォレストハーブ
¥2,780 (2023/11/16 07:22時点 | Amazon調べ)
レインフォレストハーブ
¥3,580 (2024/04/20 16:47時点 | Amazon調べ)
レインフォレストハーブ
¥3,624 (2024/04/18 15:02時点 | Amazon調べ)

▲一覧に戻る

【レインフォレストハーブ】ローカカオニブ・カカオニブココナッツガー味

レインフォレストハーブの『有機ローカカオニブ』は、ペルー産の有機カカオ豆を使用した、非焙煎のカオニブです。

ローストせずに50℃前後の低温でじっくり脱水・殺菌さているので、カカオの風味はそのままに、栄養素の損失をなるべく抑えています。

有機カカオニブ・ココナッツシュガー味』は、有機カカオニブをココナッツシュガーで覆ったチョコレート。

苦味の強いカカオニブに甘みをプラスすることで、そのままでも美味しくお召し上がりいただけます。

原材料(ローカカオニブ)

有機カカオ豆

食ここちゃん

ヨーグルトやアイス、手づくり菓子のトッピングとしてもおすすめです♪

レインフォレストハーブ
¥2,680 (2023/11/16 10:12時点 | Amazon調べ)
レインフォレストハーブ
¥980 (2024/04/18 22:17時点 | Amazon調べ)

▲一覧に戻る

Chocolate Soleチョコレートソール】板チョコレート

チョコレートソールは、1946年スペインで創業された老舗チョコレートメーカー。

毎年、秋冬限定で発売される板チョコレートは、オーガニック・フェアトレード認証を取得したグルテンフリー対応の製品です。

とくにダークチョコレートの種類が豊富で、カカオ100%はもちろん、アーモンドオレンジなどお好きな甘さやフレーバーをお選びいただけます。

※一部の種類に「有機砂糖」が含まれている種類があります(シーソルト味、アーモンド味など)。

原材料(ダークチョコレート100%)

有機カカオマス(一部に乳成分を含む)

▲一覧に戻る

GEPAゲパ】オーガニックチョコレート

ドイツで生まれのゲパは、フェアトレードに積極的に取り組むブランドのひとつ。

すべてにオーガニック原料を使用した『板チョコレート』は、定番のダークチョコからホワイトヘーゼルナッツアーモンドミルクなど、

大人も楽しめるフレーバーが満載で、プレゼントにもおすすめです。

※フェアトレードに関する取り組みはこちら

原材料(ダーク95%)

有機カカオマス、有機ココアバター、有機黒砂糖

食ここちゃん

希少なカカオのみを使用した、香り高いチョコレート!

▲一覧に戻る

【シェフズチョイス】オーガニックローカカオニブ

オーストラリアの食品メーカー・シェフズチョイスの『オーガニックローカカオニブ』は、

有機カカオ豆100%で作られた、無添加 & 非焙煎のカカオニブ。

スーパーフードとしても注目される「カカオニブ」は、そのままでもヨーグルトシリアルサラダなどのトッピングとしてもおすすめです。

食ここちゃん

動物性原料不使用&グルテンフリー♪

原材料

有機カカオ豆(ペルー産)

▲一覧に戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ